社団法人日本ウォーキング協会加盟団体

特定非営利活動法人町田ウォーキング協会

生きることは歩くこと、歩くことは生きること

スライド1
スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
スライド7
スライド8
スライド9
スライド10
スライド11
スライド12
スライド13
スライド14
スライド15
スライド16
スライド17
スライド18
スライド19
スライド20
スライド21
スライド22
スライド23
スライド24
スライド25
スライド26
スライド27
スライド28
スライド29
スライド30
スライド31
スライド32
スライド33
スライド34
スライド35
スライド36
スライド37
スライド38
スライド39
スライド40
スライド41
スライド42
スライド43
スライド44
スライド45
スライド46
スライド47
スライド48
スライド49
スライド50
スライド51
スライド52
スライド53
スライド54
スライド55
スライド56
スライド57
スライド58
スライド59
スライド60
スライド61
スライド62
スライド63
スライド64
スライド65
スライド66
スライド67
スライド68
スライド69
スライド70
スライド71
スライド72
スライド73
スライド74
スライド75
スライド76
スライド77
スライド78
スライド79
スライド80

723御殿峠回顧


723シオリ
 月めくり
   残り三枚
     秋深む
岩間幹夫(梅林同人)
 京王線多摩境は多摩丘陵に新しく出来た駅です。町田市の発展を象徴している様な場所です。マンションが林立し、新住民が出現し、町田市変革の口火になっています。近くには早実のグラウンド(王貞治記念球場)が在ります。尾根緑道に沿って道が造られています。

 今迄、秘境扱いされていた鑓水を訪ねます。下見の途中で柿をいただき、銀杏を拾いました。14,5年ほど前は、町田の近郊では何処でも見られた光景でした。のんびりとした穏やかな「里の秋」に触れるだけで嬉しくなります。御殿峠(国道16号)と柚木、町田市、多摩市に囲まれた、この辺り一帯が、かつて絹の輸出で栄えた鑓水商人の出身地です。通称「絹の道」の出発地でもあります。明治末から大正時代中頃まで、この辺りから町田一帯はマユの生産拠点になりました。現金収入を求め農家はこぞってカイコを飼いました。今でも桑の木が所々に残っています。マユは荷車で瀬谷(横浜市)に運ばれました。瀬谷でマユの取引が行われ、生糸業者に引き取られました。

 絹の道は鑓水から瀬谷の間を学識者が名付けたものです。横浜線の開通によって絹の道は使わられなくなりました。マユから生産された生糸は横浜から欧米に輸出され、”日本を代表する輸出品”になりました。当時、農家を支えた子種石、白蛇等を祀った神社が見られます。

 取引の行われた瀬谷は町田とは国道246号を挟んで境川(鎌倉古道)で繋がっています。取引の活発化を支えるために瀬谷銀行が作られました。町田にも支店が出来ました。瀬谷銀行は横浜銀行の前身です。瀬谷には屋敷林や蔵を持つ家があちこちに見られます。多分、講を利用してマユの取引に係わったのではないかと思われます。又、瀬谷では将軍の鷹狩が行われています。

 私は歴史家ではありません、唯のウォーカーです。でも歩いていると花々が「私を見て」と、大地からは先祖が「私を忘れるな」と呼び掛けて来ます。こんな声が聞き取れる様になったのは心にゆとりが持てる様になったからです。歩けば歩く程、自然の営(いとな)みの素晴らしさがわかります。こんな緑豊かな大地は、日本人の精神構造に多大な影響を与えています。だんだん話が面倒になって来ましたが、要は「歩け」は楽しんで歩きましょう、という事です。これからも元気で、笑顔で、楽しく歩きましょう。

 次会は10月20日(木)「大地の恵み」でサツマイモ掘りです。プロが作っているので、豊作に間違いなしです。我家では毎年、今年こそは100kg以上を目指し頑張るのですが、10kg足らずのみじめな状態です。マルチングしたので・・・・。プロは凄い。帰りのリュックは重たいです。「我物と思えば軽し傘の雪」ですね。是非、ご一緒に楽しみましょう。笑顔のあなたにお会い出来るのを楽しみにしております。
            村田淳郎
   人生

 いかに生きるか
 生きるべきか
 悔いの無い
 生きざまを
 模索する
 日々老いていく
 不安、誇り
 尊厳は保てるか
 寿命は神(天)
 のみぞ知る
 だから、唯
 明日に向かって
 祈り、歩くのみ
 
    村田淳郎

723 写真 渡瀬茂博さん

723_01
723_02
723_03
723_04
723_05
723_06
723_07
723_08
723_09
723_10
723_11
723_12
723_13
723_14
723_15
723_16
723_17
723_18
723_19
723_20
723_21
723_22
723_23
723_24
723_01 723_02 723_03 723_04 723_05 723_06 723_07 723_08 723_09 723_10 723_11 723_12 723_13 723_14 723_15 723_16 723_17 723_18 723_19 723_20 723_21 723_22 723_23 723_24